たくさんの「ありがとう」をゲストへ ナチュラルおもてなしWedding

挙式レポート

Wedding Report

たくさんの「ありがとう」をゲストへ ナチュラルおもてなしWedding

2016年7月25日 | Mr.&Mrs.Kobayashi

専門学校時代からのお付き合いで、共通のお知り合いも多いおふたり。大切なゲストの皆様へ「日ごろの感謝を伝えたい!」と、一生懸命ご準備をされた結婚式は、アットホームで居心地のよいパーティになりました。

披露宴会場:
ザ テラス
挙式スタイル:
キリスト教式
列席人数:
79名

ご新婦様のこだわりが詰まったウェルカムスペース。おふたりによる手作りのガーランドやオブジェ、イニシャルのマーキーライトなど、たくさんのアイテムで、ゲストの皆様を華やかにお迎えする素敵なスペースとなりました。

全てのゲストの皆様に楽しんでいただけるよう、ドリンクには強いこだわりをお持ちになったおふたり。オリジナルカクテルは、おふたりの想い出の場所である竹富島で飲まれたカクテルをイメージしました。ゲストの皆様にも気に入っていただき、たくさん召し上がってくださいました。

ご新婦様手作りのペーパーアイテムや、こだわりの装花で飾り付けた披露宴会場。中でもメインテーブル・ゲストテーブルの装花は、ナチュラルテイストな中にも華やかさがあり、とても素敵な仕上がりに。ご新婦様のお好きなユリの花も取り入れて、海外のガーデンウェディングのような、スタイリッシュな会場になりました。

ご友人様が手作りされたお洒落な席次表や、ご新郎様、ご新婦様が心を込めてゲストの皆様ひとりひとりにメッセージを書いた席札など、会場には手作りアイテムがたくさん。当日手に取ったゲストの皆様もとても嬉しそうでした。

グリーンの色味のフルーツをたくさん取り入れて作成されたウェディングケーキ。夏のウェディングらしくとても爽やかで、テラスの会場にもぴったりでした。

ご新婦様が当日着用されたアクセサリーは、ご友人様がこだわってご用意してくださったもの。ドレスにもぴったりでお洒落なご新婦様にとてもお似合いでした。

披露宴会場はナチュラルテイストの「ザ テラス」を選ばれ、アットホームで居心地のよい、お洒落な空間づくりをされました。ハイセンスなおふたりならではの手作りアイテムも、会場の雰囲気にぴったりでした。

アニヴェルセルのクレームブリュレが大好きなご新郎様。デザートはビュッフェスタイルで楽しんでいただけるよう、ご新郎様が自らコックコートを着用され、ゲストの皆様とご一緒にデザートタイムを楽しんでいらっしゃいました。

アニヴェルセルのチャペルのステンドグラスに一目ぼれして会場を決めてくださったご新婦様。おふたりはアイテムを決める際に、ゲストの皆様にどうしたら楽しんでいただけるかを常に考えていらっしゃいました。ゲストの皆様も心待ちにされていた結婚式はたくさんの「ありがとう」にあふれた、あたたかなおもてなしパーティになりました。
末永く、お幸せに。

ページトップへ

  • LINE