家族&友人に感謝を伝える

挙式レポート

Wedding Report

家族&友人に感謝を伝える

2016年1月23日 | Mr.&Mrs.Shiomi

ご家族がとても大好きなおふたりは、ご家族も巻き込むような楽しいパーティをご希望。パーティ演出では、ご家族やご友人の方にも登場していただき、ご列席いただいた皆様に感謝の気持ちをせいいっぱい伝えた心あたたまるパーティとなりました。

披露宴会場:
ヴィラ リヤド
挙式スタイル:
キリスト教式

会場のあらゆるところに、おふたりの入籍日に偶然見付けたという「幸せの四葉のクローバー」や挙式日の1.23をポイントに入れました。挙式日は、1.23と数字が上がっていくように、お互いを高め合い成長していこうという想いを込め決められたそうです。

ご家族と仲の良いおふたりは、ご両家親御様の結婚式の写真も受付に飾られておりました。

フラワーシャワーの後には、サプライズ演出としておふたりの姉妹の皆様へブーケをプレゼントされました。

乾杯と同時に舞い上がったフライングハート。ゲストも楽しめるような演出をたくさん盛り込みました。

ご家族にも楽しんでいただきたいとお話されていたおふたり。ご両家の親御様にも結婚当時を思い出していただけるよう、ケーキ入刀は3組同時に。ご家族の仲の良さが伝わる心あたたまる演出です。

ご新郎様の幼馴染の方によるオリジナルカクテルの紹介とパフォーマンスに会場は大盛り上がり!

中座はご新婦様はおじ様と、ご新郎様はふたりのおばあ様と行いました。ご家族・親族の皆様も楽しめる演出はご家族を大切に想うおふたりならでは。

再入場の際には、キャンドルの炎で炙るとおふたり直筆のメッセージが浮かび上がるクレールストーリアの演出があり、会場は驚きに包まれました。
そして、お色直しは爽やかなブルーのカラードレスに、ご新郎様もロイヤルブルーのネクタイとベストにイメージチェンジ。ガラッと雰囲気が変わり、一層華やかになりました。

やわらかいブルーとピンクの色合いやハートのバルーンなど、やさしい雰囲気で統一された会場。ご家族を想うおふたりの心がゲストにも伝わり、とてもあたたかいウェディングとなりました。おふたりとも、末永くお幸せに。

ページトップへ

  • LINE